更新情報

ホーム > 更新情報一覧 > 

部会長就任のご挨拶

2018/04/03



2018年度 北九州部会長

髙橋 直人

NAOTO TAKAHASHI

1995年弁護士登録(47期)

 

 平成30年度の福岡県弁護士会北九州部会の部会長に就任しました髙橋直人です。

当部会は、組織的には福岡県弁護士会の一部会という位置づけですが、都道府県に一つ(東京と北海道は例外)という現行の弁護士会制度以前には、小倉弁護士協会として独自の活動を行ってきた歴史がございます。

 当部会の活動エリアは、北九州市を中心として西側は中間市・遠賀四町、また南側は行橋市・豊前市の京築地区を含む地域を主としております。

 また当部会への登録会員数は既に200名を超えており、九州圏内はもとより他の都道府県の弁護士会にも決して引けを取らない規模です。会員数の増加により56年前頃まで弁護士過疎とされていた地域にも複数の弁護士が事務所を開設するに至り、近くの弁護士に相談できるという環境整備という意味で司法へのアクセス障害は随分と改善されております。

 北九州部会の活動の現状は当部会内に設置された各種委員会が各自治体や公益団体などとの連携が中心となっております。いくつかご紹介致しますと、当部会の高齢者障害者委員会や生存権対策本部と役所の担当部署との間での協議会開催や生活保護制度に関する協議会の開催及び生活困難者に対する法律相談業務、また各区役所や市町村での法律人権相談、また各地の社会福祉協議会の心配ごと相談業務といった活動を行っております。

 またこれまでどちらかと言えば受け身であった相談業務に関して、潜在的な法的問題の気づき及び対応という取組も必要であろうとの認識の下、現在、法テラス北九州支部とも協働しながら八幡東区や苅田町などの包括支援センターとの間で活動を始めつつあり、今後もこうしたアウトリーチ活動を充実させていく所存です。

 

 

≪記事一覧に戻る

法律相談の申し込み

↑PAGE TOP